支援企業メッセージMessage

  • 株式会社ナディア

    取締役CSO 松波 幸樹 様

    プラットフォームや制作、開発ツールが日々進化していくたび、作る人、扱う人のクリエイティビティが大切になります。ツールの使い方や情報の蓄積だけに終わらず、実践的であり、その力を発揮する場面や想像を生み出せる場になることを願っております。nestsで学んだ方々と将来クリエイティブで関わることを楽しみにしております。

  • Bee2B株式会社

    代表取締役 間山 譲 様

    クリエイター・エンジニアを自称するだけの人材が溢れる中、実践レベルに達することに重きを置いたコンセプトに共感いたしました。テクノロジーの進化・価値観の激しい業界だからこそ求められるであろう「変化し続ける学校」へ多大なる期待を寄せております。
    また、海外の取引が増えてきていますので、英語プログラムへの興味があります。英語がネイティブではないクリエイター・エンジニアが多く、課題・指示・FeedBackについては覚えやすい文章量で、直感的に伝わるようなコミュニケーションは弊社の社員にも習得させたいと思います。

  • 株式会社やどかり

    代表取締役 松澤 隆之 様

    プログラマ、デザイナーなど専門職において学校教育だけでは不十分なところがあると思っております。中で今後必要とされるIT人材の育成教育は必須であり、そこをサポートされるスクールの開校は楽しみです。出来るだけ実践的な授業をしていただき、また、プログラミングが楽しくて好きになり、一生やっていける仕事だと気付けるような場と仲間たちとの出会いの場を提供していただけることを期待いたします。

  • 株式会社シンクレッジ

    代表取締役 喜内 厚 様

    モバイルインターネットの界隈で、制作・開発者に求められることが高度化、細分化し続けているなか、nestsアカデミーからの巣立つ人材に期待しています。また、弊社の課題でもあるのですが、今までもオフショア開発で海外、特にアセアンの開発会社と取引、開発を委託するときにブリッジに完全に依存するだけでなく、資料やコミュニケーションを直接とれれば、より効率的な開発ができたと思います。今後は、日本の開発会社が海外案件を積極的に取り込んでいく必要が益々高まる傾向ですので、エンジニアの業務に特化した英語教育は間違いなく必要と考えています。国内ではまれなTech Englishのカリキュラムは、エンジニアスキルとあわせ、大変期待しております。

  • 株式会社ロクナナ

    代表取締役 上田 キミヒロ 様

    制作会社が主体となって、学校ではなく「養成所」として機能していくことで、受講者や主催者だけでなく、業界全体の発展に貢献される組織として発展していくことを期待しています。
    また、授業では、表現する力を身につける、基礎とテクニックを両方同時に鍛えられるような内容を私たちも一緒になって提供提案していきたいと思います。

  • 株式会社WADAYA

    代表取締役 和田 圭介 様

    どの会社でも人材の育成に関しての課題は抱えているかと思いますが、特に少人数の会社でいち早く戦力になるために学ぶべきことを教えたり、経験のある人に関しては、出来ることの範囲で仕事を進めてしまったり、結果がマンネリ化してしまったり、安定した結果が出せなかったりすることを無くせるように、基礎を学び直す機会がつくれるプログラムを期待しています。